ウィーン、プラハ、ブダペストへ新婚旅行:準備してよかったこと

      2017/11/11

私事ですが6月に結婚しました。

少し時間があいたのですが、10月末に新婚旅行へ行って来ました。

行き先はウィーン、プラハ、ブダペストの中欧三都市で、ツアーに参加して観光してきました。
学会で何度か海外に行った事があるのですが、観光目的で海外へ行くのははじめてでした。

旅行の準備をしている時に、旅行慣れしている人から色々アドバイスをもらって、為になったことがたくさんありました。

誰かの参考になればと思い、まとめておこうと思います。

1. 服は現地で捨てよ

これは本当に為になりました。海外旅行に行くと、お土産を色々な人に買っていきたくなるものですが、カバンの容量は限られています。
それを見越して桁外れに大きいカバンを持って行くのも大変ですよね。(^_^;)

服は勝負服1-2着と捨ててもいい服を持って行きましょういらない服を現地で使い捨てていけば、日程が進むごとにカバンにお土産を入れるスペースが空いて行きます!

2. 薬をそなえよ

時差や疲れ、飛行機での気圧変化、水質など、海外旅行には体調悪化の要因が満載です。
普段あんまり薬に頼らない人も、念のため薬は多めに持って行きましょう!

風邪薬
頭痛薬
整腸剤
滋養強壮薬

私はこれだけ用意しました。中でも頭痛薬には本当に助けられました。飛行機の着陸時、頭が痛くなったんですよね。
どうやら飛行機偏頭痛なる症状があるようです。
普段頭痛にならない人も長時間飛行機に乗る際は気をつけてください!

3. 機内ではノイズキャンセリングイアホンをつけろ

長時間の飛行機、本当に疲れます。少しでも楽にしたいですよね。
ノイズキャンセリングイアホンは飛行機の騒音を大分軽減してくれます。
短時間だと気にならなかった騒音も10時間以上になると体への負担は大きいです。

帰りの飛行機なんとカバンに入れ忘れてしまい、やっぱりしんどかったですね。(^_^;)
おすすめです、ぜひ使ってみてください。

4. カバンの前掛けをしよう

残念ながら海外の多くは日本ほど治安は良くありません。ヨーロッパはどこでもほぼスリが出るようです。
スリ防止の意味から、手持ちのカバンは体の前にかけるタイプにした方がいいようです。
実際、一緒にツアーに参加していた方が1人スリの被害に遭われ、大使館に行ったり大変な事になっていました、、、

楽しい旅行を満喫する為にも防犯意識は高めて街を歩きましょう。

5. 気候を調べよ

国が違えば気候が全然ちがいます。

当たり前なのですが、日本にいるとなかなかイメージできず、想像以上の差です。(>_<)
ハンガリーは10月末に厚めのダウンジャケットでぴったりでした
事前にしっかり現地の気候を調べるのは必須です!

海外旅行は準備のポイントはこんなもんですかね。もちろんパスポートはお忘れなく!

準備をしっかりして楽しい旅行にしましょう!

ザルツブルクでの一枚、水面に山が映ってすがすがしい

プラハの街並み。素朴ながらすごくきれい。

ブダペストの国会議事堂。夜になるとライトアップされ黄金に輝く。
RPGのラストダンジョンかな?

sponsored link

 - お役たち情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。